「むくみ」とはどんなもの?

むくみとは?

 

よく、顔がむくんだ、足がむくんで太くなった、などという会話を耳にします。では、そもそもむくみとはどんなことの事を言うのでしょうか。

 

むくみとは医学的用語ではありません。医学的には浮腫(ふしゅ)と呼ばれるもので、多くの方が想像している通り顔や足が膨れ上がってしまう症状の事を言います。

 

ちょっとしたむくみであれば、何も対策をしなくても自然に解消される事はあります。ですがむくみはあくまで病気の一種ですので、原因は必ずあり、それを解消しない限りはまたむくみがでてきてしまうのです。

 

顔や足がむくんでしまうといっても、何も贅肉が増えて太くなってしまうわけではありません。むくみの原因は水分です。…というと水分の摂り過ぎなのか、というとそういうわけではありません。

 

むくみは血液やリンパに含まれている水分が血管やリンパ管からにじみ出てしまい、細胞間に溜まってしまうことが原因です。

 

むくみを解消するには、やはりその原因を排除する事が一番です。むくんでも一時的なものだから気にしない、という方もいるかと思います。もちろん、出産後の女性、もしくは病気が原因でむくんでしまった場合には、病気がなおれば自然と解消されてきますし、出産後も数日経過すれば元に戻ります。

 

ですが、慢性的にむくみとなってしまう原因が続いている場合には、やはりなにかしらの対策をおこなわないと、いつまでたってもむくみが解消されない、もしくは解消されてもすぐにまたむくんでしまう事にもなりかねませんので注意しましょう。

 

関連ページ

むくみと肥満は違う?
見た目にはどちらも通常時よりも膨らんだ、腫れあがった状態になっています。ではむくみと肥満は同じものなのでしょうか。
むくみのメカニズム
むくみのメカニズムについて掲載します。
「むくみ」やすさのポイント
むくみやすさチェックのポイントを説明します。