過度のストレス

過度のストレス

 

今はストレス社会とも言われるほど、多くの方が何らかのストレスを抱え苦しんでいるようです。

 

過度のストレスにより、うつ病になったり、体調不良を訴えたりする方が多いというのは周知のとおりですが、実は過度のストレスがむくみの原因になってしまうこともあるのです。

 

過度のストレスを感じてしまうと、体内でコルチゾールというホルモンが大量に分泌されるようになるのです。

 

このコルチゾールは俗称ストレスホルモンと呼ばれているもので、このコルチゾールがというホルモンが増えてしまうことで、水分排泄が正常ではなくなってしまいます。

 

要するに水分をしっかり排泄できなくなり、細胞間に水分が溜まりむくみとなって表れてしまう、というわけです。

 

また、コルチゾールには筋肉を弱らせる働きもあり、これにより血液の流れやリンパの流れが悪くなってしまうのです。

 

それにより、血圧が上がり、圧迫された血管壁から水分が滲みでてきてそれがむくみとなる事もあるのです。ストレスによる体調不良も言い換えればこのホルモンの影響も多少あるかもしれません。

 

ストレスによるむくみを解消するには、やはりストレスの原因を排除する事が先決です。とはいうものの、ストレスの内容によっては避けられないものもあるでしょう。

 

また、むくみがストレスとなってしまう方もいます。ですので、ストレスを取り除くのではなく、別の方法でストレスを発散し、ストレスの原因となる事柄を一時的にも忘れるというのもいいことかもしれません。

 

関連ページ

塩分の摂り過ぎ
むくみの原因「塩分の摂り過ぎ」について説明します。
妊娠
むくみの原因「妊娠」について説明します。
アルコールの過剰摂取
むくみの原因「アルコールの過剰摂取」について説明します。
栄養不足
むくみの原因「栄養不足」について説明します。
体の冷え
むくみの原因「体の冷え」について説明します。