塩分の摂り過ぎ

塩分の摂り過ぎ

 

むくみの原因には塩分の摂り過ぎがあります。

 

よく、しょっぱいものを食べたりすると、のどが渇いて水分を摂りたくなるでしょう。

 

これは体内の塩分濃度が高くなってしまったために、それを正常に戻すために水分を補給したがるのです。塩分つまりナトリウムは、水分を多く取り込もうとする性質がある物質です。

 

そのため、塩分と水分を摂取することで血管内に大量の水分を取り込んでしまう事になるのです。

 

水分量が多くなった血管内は圧力が上がってしまうのです。しょっぱいものを食べると血圧が上がる、高血圧になる、というのはこの現象が起こっているからなのです。

 

そして、血管の圧力が強くなるため、今度は毛細血管から余分な水分が滲みでてくることになってしまいます。これが細胞間に滲んできてむくみとなってあらわれてくるという訳です。
もちろん、過剰摂取したナトリウムは、腎臓により排泄されるのですが、それが一度に排出されるわけではないので、排泄されるまでの期間、むくみが出てしまうのです。もし、慢性的に塩分過多になっている方は、むくみも慢性的になってしまうのです。

 

むくみだけであれば、見た目がみっともなくなる、代謝が低下するだけですが、塩分の摂り過ぎはむくみだけでなく、高血圧や肥満を引き起こす原因になります。

 

しかも重症化すると脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こし、命の危険にもなりかねませんので、むくみ解消だけでなく健康維持のためにも塩分は控えるようにしましょう。

 

関連ページ

妊娠
むくみの原因「妊娠」について説明します。
アルコールの過剰摂取
むくみの原因「アルコールの過剰摂取」について説明します。
栄養不足
むくみの原因「栄養不足」について説明します。
過度のストレス
むくみの原因「過度のストレス」について説明します。
体の冷え
むくみの原因「体の冷え」について説明します。